Webサイト SEO対策

Webサイト SEO対策

a

name=“robots” content=“noindex,nofollow”は、

検索エンジンのクローラ(ロボット)に対して URLをインデックスしないように(noindex)、

文書内のリンクをたどらないように(nofollow)知らせるための指定です。

この指定はすべての検索エンジンに対して有効ではなく、

この情報を参照する検索エンジンに対してのみ有効となる指定なので注意してください。

検索エンジン対策として一般的に利用されていますが、W3Cの仕様には記載されていません。

1
<meta name="robots" content="noindex,nofollow">

http-equiv=“refresh”は、別のURLへのリダイレクトや現在ページの再読み込みを指定します。

content属性の値には何秒後にリフレッシュするかと、 ジャンプ先のURLを指定します。

例えば、5秒後にnewpage.htmlというページにリダイレクトする場合には以下のように記述します。

<meta http-equiv=“refresh” content=“5; url=newpage.html”>

また、5分ごとに現在のページを再読み込みする場合には以下のように記述します。

1
<meta http-equiv="refresh" content="300">

※めも:w3.orgによれば、 meta要素によるrefreshを多用しているウェブサイトは、検索エンジンのリストから削除されることがあるようです。

それを避けたい場合には、代わりに301リダイレクトを使用すると良いとのことです。

コメント

コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット